【イエ・ラブ・ゾク】ギャラリー

スペシャルコンテンツ

祖父母と孫編 No.77 スペシャルコンテンツ

  • 北川 さや(26歳:保育士)
  • 岸田 このみ(28歳:主婦)
  • 佐藤 和代(76歳:主婦)
  • 北川 のぶ子(54歳:介護士)
  • 撮影地:滋賀県近江八幡市

ご家族に聞いてみました

祖母
佐藤 和代
76歳
主婦
北川 のぶ子
54歳
介護士
岸田 このみ
28歳
主婦
北川 さや
26歳
保育士

ご家族の自慢できるところは?

家族でありながらも友達のようにフレンドリーな関係であることです。
近況報告や相談、時には恋の話までできる母と祖母です。
離れて暮らしていても買い物や外食、旅行など三世代で過ごすことも多く、四人でお酒を飲みながら女子会を楽しんでいます。
笑い合い、相談し合い、励まし合い、時には叱り合いながら心配し、支え合う。離れていてもお互いを思いやることのできる家族です。

ケータイがあってよかったことは?

祖母の体調が悪くなった時には、ケータイでSOSを知らせてもらいます。
夜中に具合が悪くなることが多いので、枕元にケータイを置いて寝てもらっています。
緊急のSOSに対応できたり、いつでもどこでも連絡が取れるという安心感をもって生活できるのはケータイがあるからこそだと思います。
また、離れて暮らしているので、寂しくなった時や話を聞いてほしい時に電話やメールをします。
写真や動画で楽しい思い出を共有したり、孫やひ孫の成長をつたえられるのも嬉しいです。

イエ・ラブ・ゾクの撮影はどうでしたか?

スタッフのみなさんが話しやすくて、とても楽しかったです。
スタッフさんと話しているうちに、私たち家族の思い出がどんどんよみがえってきて「あんなことしたね。」「こんなことがあったね。」とみんなで振り返ることができました。
幼少期、学生、そして現在。どの時代にも三世代そろって過ごした記憶が多く、思い返していくうちに心が温まり素敵な時間を過ごすことができました。

ページトップへ

撮影風景

  • 撮影風景
  • 撮影風景
  • 撮影風景
  • 撮影風景
  • 取材風景
  • メイク風景

このページのトップへ